お客様からのご要望にお応えするために

①実際にいろいろな味噌の味見をして決めたい

亀戸本店には70種類の味噌があり、すべてお味見が出来ます。それぞれ「味」「香り」「塩」「麹」などの違いについてもお答え出来る味噌に関する社内資格「噌ムリエ」という味噌に関するエキスパートスタッフが常駐しています。

全国の味噌の競演を楽しんでいただけます。味見をする事でどのように使うか、イメージしやすくなります。

 

②独自の合わせ味噌をつくりたいので提案してほしい。

まずは希望される味のイメージ、ご予算をお伺いします。合わせ味噌のサンプルをつくり、味の確認をしていただきます。

試作品は納得されるまで何度でも無料でご案内します。他にはない世界に一つだけのオリジナルブレンドを提案致します。

③「今よりもっと 美味しい 噌に変更したい・・・」

70種類ある味噌の中からお客様のご予算、ご要望に応じた味噌を提案します。

④「とにかく美味しい味噌を提案してほしい・・・」

お客様が求めている美味しさは様々です。お客様のイメージされる「とにかく美味しいお味噌」を70種類の中からご提案します。

⑤「野菜スティック、おむすびに付けて美味しい味噌を提案してほしい・・・」

野菜のおいしさは野菜やご飯に野菜やご飯にそのまつけた時にわかります。
一番人気の金亀子赤、二番人気の秋田深雪などお選びいただけます。

味噌は料理で溶いて使っても美味しいですが、焼きおにぎりに付けてもとても美味しいです。味の違いをお楽しみ頂けます。お食事のメニューのバリエーションを広げてくれます。

⑥味噌料理のメニューに合う味噌を提案してほしい

白みそでまろやかな味わいにするか、赤みそでしっかりとしたコクのある濃厚な味わいにするか。米麹の味噌を使うか麦麹の味噌を使うか等原料を変えるだけでも味わいは変わります。強めの味ならコクのある赤みそ、まろやかな味なら甘みのある白みそ等的確にご案内致します。

⑦ 季節で使う味噌を変えたいので提案してほしい

味噌は季節に応じて使い分けることで、その時に美味しい味を楽しめます。夏は辛口の赤つぶ味噌でさらっとしたみそ汁で。冬は甘口の白いこし味噌でこってりしたみそ汁。春、秋は中間の味わいにして、その時旬の具材を使うことでさらに美味しくなります。

急に大量の味噌が必要と言う場合に

佐野みそでは業務用に10kg入りの大箱でご用意しているお味噌もございます。お店でお味見頂き購入いただけるので安心してご利用頂けます。

オンラインショップでも販売中です

  • 金亀子みそ もち米麹で仕込んだお味噌(赤みそ)
  • 手前みそ白こし あつさり系の人気のお味噌
  • 手前みそ赤こし 天然熟成のなめらかな赤みそです
  • 手前自慢 4種類の秘伝のブレンド味噌です
  • 越の竈 辛口のしっかりした旨みです
  • 江戸甘みそ黒こし 江戸伝統の黒くて甘いお味噌です
  • 江戸甘みそ白こし 「江戸甘こし黒こし」と対極とも言える、淡色江戸味噌です
  • 長天みそ 杉の大樽を使った昔ながらの天然熟成で「半つぶ」に仕上げています
  • 糀こし 十割こうじ(大豆10と米こうじ10)の1:1の割合のたっぷりの米こうじをベースにした、自然な甘さが特徴の味噌
  • 特選信州こし 7割こうじ(大豆10:米こうじ7)で仕込んでおります。
  • 上選信州こし 6割こうじ(大豆10:米こうじ6)と、大豆の割合を多く仕込んでおります
  • 別醸 信州白みそ あっさりとした味わいの中に、大豆のうま味・力強さがしっかりと引き出されているお味噌
  • 別醸 仙台赤みそ 飲食店様や学校などでご利用頂く定番商品。お求めやすい価格でもあります。